日本の素晴らしい医療制度を今後も期待

世界中を見ても、日本ほどの医療制度を持っている国は無いと言えるほど、国民皆保険によって守られている日本の医療は素晴らしいものです。

どんなに田舎に住んでいても、けがをすれば病院で診てもらえる、収入の無い人は無料で医療が受けられる、そんな日本では当たり前の事が

諸外国からは羨望のまなざしで、また尊敬されるようなシステムなのですよね。

そんな日本の医療も、最近は徐々に変化があるように感じますね。

いわゆる自由診療という分野が選択肢として出てきています。

最先端の医療は自費なら受けることが出来る、そのような場合は選択出来る経済的余裕がある人の場合は問題ありませんが、経済的に負担出来ないのでその治療は諦める、という人が出てくるのが気がかりでなりません。

命の価値には裕福さや地位の高さは関係ない、そう教わって、信じて生活していたものが実際には力のある人は救われるという構図に日本もなりつつあるようですね。

アメリカ人の友人に聞くと、日本人は風邪をひいたらすぐに病院を受診し、薬を貰うけれど、アメリカでは考えられないのだそうです。

少々の風邪や怪我は市販薬で自己対処。
重症と感じて施しようが無い時のみ、医師の診察を受けるというのです。
というようなことを、治験コーディネーター求人ガイドで言っていたような、ないような。

日本のように医療保険制度が無いために、救急で夜間の診療などでは驚くような高額を請求されるそうです。

確かにそうなると少々の事では病院に行かないようになりますね。

医療費の増大という懸念はありますが、日本の医療制度は今後も維持したいものです。

子供の医療費補助

今は、ほとんどの自治体では子供の医療費に関しては自治体の方で負担されていて無料になっているのでしょうか。

私の住んでいる地域でも、中学3年生までは医療費が無料ということになっています。

ただ一つ、医療費が無料になるのはとてもありがたいのですが、小学生からは窓口で一時支払い、その後自治体の方へ申請して後日指定口座に振り込んでもらうということがとても大変だと思うことです。

私の子供は現在2人ともまだ小学生未満なので、窓口ですでに無料で済んでいるのですが、小学生になれば、医療費は申請しなければ戻ってきません。

申請すればよいとは言いますが、申請し忘れればもちろん医療費は自己負担になってしまいますし、仕事を持っている人はなかなか申請するのも難しいのではないでしょうか。

申請し忘れたり、申請できない人の分を少しでも自治体が負担する医療費を浮かせようという意図が見え見えだと思います。

そうでなければ中学3年生まですべて窓口で無料にするのが当たり前だと思いますし、窓口で支払わせておいて後日振り込みをする方が手間がかかりますしお金もかかるのではないかと思います。

医療費補助はとてもありがたいのですが、周りの別の市や県などに住む友人の話を聞くと、自治体によって補助も様々なので、出来れば全国的に統一した補助にしてもらって、補助をするのであれば補助をする年齢まですべて窓口で無料にしていただければ一番こちらも利用しやすいと思います。

医師不足が叫ばれて久しいですが、医師不足を解消するには単純な理屈として医師を増やすために育てなければなりませんよね。

ところが調べてみると、日本の大学の医学部の定員総数1万人を切っているんですよ。

大学全体で50~60万人いる訳ですから、大学生全体に占める医学部生の割合は2%を切っているわけで、これはどうにかならんものかと思う訳です。

まあ、やみくもに定員を増やして、医師を粗製濫造することはよく無いと言うことはわかります。

定員が増えればそれだけ偏差値も下がるでしょうし、命を預かる医師にアホな学生がなってしまう可能性が出てくるのは日本の医療にとって良いことではありません。

また、そもそも医師を育てるには医師を育てることが出来る優秀な人材の確保と育てることが出来る専門的な環境が必要な訳でそれには膨大なコストがかかり、国家が財政難の折り、多数の医師を育成する莫大な予算をそう簡単に捻出することも容易ではありません。

ではどうすれば、そうしたコストもかからずに一定レベル以上の優秀な医学部生を確保しつつ医師を増やすことが出来るか。

私が提案したいのは、海を渡って異国の大学の医学部で学びちゃんと卒業した学生に医師国家試験の門戸を開くことです。現在、日本の医師国家試験の受験資格は、日本人であっても海外の大学の医学部卒業者には殆ど与えられていません。

しかし、一昔前ならともかく、今時の学生において海外の大学で学び、語学のハンディを乗り越えてちゃんと医学部卒業できたようなガッツのある日本人学生なら、せめて国家試験ぐらい受けさせても良いじゃないかと、こう思う訳です。

それで合格したなら、日本の医師として認めましょうよ。というのが私の提案です。

気さくな看護師さんと、恐い院長先生

私は昔、全治二カ月の怪我をしたことがあります。

膝の怪我だったのですが、見た目以上に内部がやられていたようで、だいぶ長くかかりました。

毎日学校帰りに病院に通って、消毒してもらって、患部を温めてもらって、包帯を巻いてもらってという繰り返しでした。

でも、看護師さんとお話しするのは楽しかったです。

小さいころからちょくちょくお世話になっている病院なので、向こうも私のことを覚えてくれています。

それもあってとても話しやすいのですが、院長先生は怖くてどうしても慣れません。

怖いことで有名な先生なのですが、実のところ怒られたことは一度もありません。

ただ、ストイックで、醸し出す雰囲気が怖いのです。

診察室には先生の似顔絵が飾ってあるのですが、タイトルが「仕事の鬼」なのです。

怖がらせてどうすると思ったこともあります。

いつの間にかその似顔絵は外されてしまいましたが、先生は相変わらず怖いです。

行くたびビクビクしてしまいます。

しかし、先生の腕は本物だと私は思っています。

ベテランなので、カンが冴えているというかんじでしょうか。

触っただけで、大抵のことは分かってしまうそうです。

レントゲンは一応撮りますが、ほとんど診断に影響しないみたいです。

私がろっ骨を痛めたときも、触っただけで具体的に何処の骨が外れているというのが分かってしまったのです。

ちなみに、ゴルフをする人はろっ骨が外れるということがあるみたいです。

私はしたことないんですが。

義父の直腸がん

私の義父が去年直腸がんになりました。

義父は2年ほど健康診断に行っていませんでした。

あと、義母の体調も悪く、精神的にも弱っていたので、心配させまいとしばらく身体の不調を我慢していたようです。

義母がようやく回復した頃に、義父が「実は体調が悪いから病院に行く。たぶん癌じゃないか。」と。

症状的には下腹部痛と排便痛と血便でした。便をする際に何かに引っかかる感じがするというのです。

なぜ早く言わなかったのか?と責めても仕方がありません。

義母が相当精神的に弱っていたので、追い打ちをかけたくないとの一心だったようです。

でも結局自分でも怪しいと思うぐらいの体調にまで放置してあったので、義母はもう混乱し、義父のいないところでは泣き崩れていました。

義父は直接総合病院に行き、検査の結果「直腸癌」でした。

ステージは2~3の間ぐらいでした。

癌が出来た場所が、本人の申告通り、肛門に近いところでしたので、人工肛門になるかもしれないという話でした。でも手術してみないとわからないと。

そして手術を行い、癌を無事切除出来ました。

直腸を少しカットしたものの、人工肛門にはなりませんでした。

直腸をカットしたので、術後の突っ張った感じがとても辛かったそうです。

あと、下痢がひどく、術後半年ぐらいは午前中はトイレにこもりきりでした。

でも自分で頑張って運動し、筋力をつけ、だいぶトイレも我慢できるようになりました。

最初はオムツをしていたのですが、それも外れ、午前中に出る便がでてしまえば普通の生活が出来るようになりました。

今のところ経過は良好です。


Movable Type 4 へようこそ!

| コメント(1)

このブログ記事は、Movable Type 4のインストール完了時に、システムによって自動的に作成されたブログ記事です。 新しくなったMT4の管理画面で、早速ブログを更新してみましょう。